「間の間」佐久間工務店企画住宅シリーズ

MENU

選べる仕様material


間の間では標準設定以外にも
「家づくり」の追求に欠かせないものを各種ご用意しています。

設備 - 給湯器

ECOジョーズ

これからのスタンダード給湯器、エコジョーズ。
環境に配慮し、家計にうれしいと言われていますが、その理由をご存知ですか?
まずは、エコジョーズのキホンを学びましょう。
「エコジョーズ」とは、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす省エネ性の高い給湯器です。

高効率「従来型の熱効率約80%→95%へ!」
今まで捨てられていた排気熱を再利用することで、
従来では約80%程度だった給湯熱効率が95%に向上しました!

節約「従来型のガス使用量約12%カット!」
熱効率がアップすると、使うガスの量も少なく済みます。
さらに、リンナイのエコジョーズは待機時消費電力が1.1~2.0Wと、従来の半分以下※1の電力で使用可能。

環境性「従来型のCO2排出量12%削減!」
地球温暖化の一因となるCO2排出量を従来と比べ大幅に削減します。

ECOジョーズ

どうして効率よくお湯が沸かせるの?

今までの給湯器と違って、排気熱を上手に活用しているからです。
エコジョーズでは、今まで使わずに捨てられていた排気熱を有効に利用して、あらかじめ水を温めます。そのため従来よりも少ないガス消費量で、効率よくお湯が沸かせるのです。

ECOジョーズ

どれくらい家計におトクなの?

年間で、約16,500円のガス代節約になります!

高効率でお湯を沸かせると、ガス消費量は少なくなります。つまり、その分ガス料金も安くなるということ!本体価格だけでなく、ランニングコストも比較して給湯器を選びましょう。

ECOジョーズ

熱効率がアップすることで、給湯に必要なガス使用量が約12%削減。つまり、ガス料金も約12%分減らせます。従来型と同じだけのお湯を使っても、年間約16,500円の節約になります。

購入時の本体価格は従来型よりもエコジョーズの方が高額。しかし、毎年のランニングコストの差額を見ると、およそ1年6ヵ月で従来型との価格差をクリアします。

  • ●給湯(ふろでの使用も含む):15,300MJ/年(内訳:給湯13,772MJ/年、ふろ1,528MJ/年) 暖房:年間283MJ/m2で12畳の部屋を床暖房(ガス石油機器販売事業者表示制度より) ガス料金/LPガス:16.0円/kWh(石油情報センター2006年7月公表データ)
  • ●従来型熱源機の本体価格は396,000円(税抜)で試算
  • ●エコジョーズを設置の際には、ドレン配管工事が必要となります。

ECOジョーズ