「間の間」佐久間工務店企画住宅シリーズ

MENU

お知らせinformation


間の間からの新着情報をお伝えします

耐震等級3(最高等級)について

最近、一般ユーザーの耐震への意識が高くなっているというデータを良く目にします。

それと同時にお客様からも耐震への質問を良く耳にいたします。

 

しかし、問題は、「建てられた建物が本当に耐震等級を満たしているのか?」

ということです。

実際問題として、耐震等級3と言われて建てられているのにも関わらず、

地震保険の割引をされていないケースがあります。

これは、施工業者が自己申告しているだけ、ということになってしまうわけです。

耐震等級を証明するには

・フラット35Sを使う

・長期優良住宅の認定を受ける

・住宅性能評価を受ける

等、といった方法があります。どれも第三者機関を通す必要があります。

自社保証や長期優良仕様といった、意味のあまりない文言に振り回されて損をするのは、

最終的に施主となります。

佐久間工務店では、施主にとっての利益を考え、

全棟長期優良住宅認定を受けております。