「間の間」佐久間工務店企画住宅シリーズ

MENU

お知らせinformation


間の間からの新着情報をお伝えします

創業60周年を迎えて

現在の新築住宅は、「住宅品質確保の促進等に関する法律(品確法)」によって、主要な構造部分と、雨水の浸入を防止する部分に、10年間の保証が自動的につけられています。

しかし、自社保証の場合、請求先が設計・施行業者のみですので、その会社が無くなってしまえば、そこで保証されなくなるわけです。これは大手であっても同じです。

良く目にする、創業して10年経っていない会社の20年保証や30年保証といった長期保証の文言、本当に気になります。

我々が木造軸組構法にこだわるのは、基本に忠実であるからです。誰がみても分かる構法で建てることで、後々に他社の大工であっても、みればすぐに理解できる構法としているわけです。

躯体を無垢にこだわっているのにも、後々のメンテナンスを考えればこそです。60年やってこれたのも、躯体がしっかりしているからこそ、大きな事故が無かったことにあると考えております。

住宅設計も重要な部分です。しかし、一般に、設計士がその責任を弟子に引き継ぐことはありません。住宅の保証とは、どこまでいっても造り手にあるものではないでしょうか。

だからこそ我々は、一級建築士事務所としても、工務店としても仕事をさせていただくことで、一貫した管理をさせていただいております。

保証とは、第三者保険に入れば終わることではなく、造り手の想いを引き継いでいくことでもあると考えております。

「家づくりは人づくり」 これからも日々、精進して参ります。